業務システムにもデザインは重要

あまりITプロジェクトで見た目のデザインについて触れることって少ないですが。

業務アプリケーションは人が毎日見るものですし、判り易くて使いやすい、スタイリッシュなインターフェースを提供出来るとユーザも喜びます。

入力項目がたくさんあって、見ただけでうんざりするような画面ってけっこうあります。

デザインがいいと、ユーザーのモチベーションにも影響するものです。

単に見た目がかっこいい画面を作るというのではなく、業務用途に応じた画面デザインが必要だと思います。見た目が良くても大量入力が必要な画面ではパフォーマンスが重要だったりしますしね。

業務判断を促したり、入力ミスを減らすという観点で画面デザイン・機能を見直すと出来ることがたくさんあります。

なかなかプロジェクト組織の中にデザインチームを持つのは難しいですが、開発会社としては差別化できる要素なんじゃないかと思っています。

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、アイブルーム藤井が2009年3月24日 12:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロジェクトの成功は委託者にも高く依存する」です。

次のブログ記事は「ちょっと休憩」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

メルマガ登録・解除
 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1