決断するのがリーダーの仕事

前にも書いたと思いますが、「決断するのがリーダーの仕事」です。

AとBという選択肢がある。

どちらが良い選択か、決定的な決め手がない。

もっと詳細に分析するべきか、どこまで詳細に情報を集めるべきか。

プロジェクトは待ってくれません。

決断のタイミングが遅くなればなるほど、スケジュールへ影響を与えます。

 

選択肢のどちらが正しいかを誰でも判断できる状態であれば、誰がリーダーをやっても同じことです。

リーダーは不確かな状況において、決断を下す事が重要です。

その決断は論理的にはうまく説明がつけられなくても、自分の経験を元にしているのです。

自信を持って決断を下してください。

なにより一番最悪なのが決断をしないことです。

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、アイブルーム藤井が2009年4月28日 17:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「認識あわせは思わぬオーバーヘッド」です。

次のブログ記事は「要件定義」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

メルマガ登録・解除
 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1